フードロスナレッジKnowledge

GURU+フードロスナレッジとは

このフードロスナレッジでは、GURU+が探した食品ロス・フードロスに関するニュースを紹介します。
記事の内容については、掲載元サイトへリンクで移動して読んで頂く形となります。

ポイ活しながらSDGsに貢献、「WakeAiリワード」をリリース

株式会社WakeAiのプレスリリース(2022年5月11日 13時10分)ポイ活しながらSDGsに貢献、[WakeAiリワード]をリリース

>>Read more

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000072264.html

おいしさはそのまま、食品ロス削減!ホテルスタッフのアイデアから生まれた“はじっこ”コペンハーゲナー「The Edges of Kopenhagener」

京王プラザホテルのプレスリリース(2022年5月10日 14時00分)おいしさはそのまま、食品ロス削減!ホテルスタッフのアイデアから生まれた“はじっこ”コペンハーゲナー[The Edges of Kopenhagener]

>>Read more

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000085388.html

ゼットンは、横浜市と連携し、ナッジを活用した食品ロス削減の実証実験を実施

zetton inc.のプレスリリース(2022年5月11日 15時00分)ゼットンは、横浜市と連携し、ナッジを活用した食品ロス削減の実証実験を実施

>>Read more

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000273.000011196.html

宇都宮海星女子で「朝カフェ」中高生に月1回、朝食を無償提供|県内主要,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

宇都宮市内を拠点に子どもの食を支援する活動を行っている任意団体「こども応援朝ごはんとおやつカフェなないろ」は市内のパン店の協力を得て、宇都宮海星女子学院中高の生徒を対象に月1回、朝食を無償で提供する「朝ごはんカフェ」を始めた。 食品ロス削減と食育を掛け合わせた事業で、皆川純子(みなかわじゅんこ)会長(43)によると、市内の学校では初めての取り組みとなる。 朝ごはんカフェは、同校が国連の持続可能な開発目標(SDGs)や朝食の啓発に力を入れていることから開くことになった。

>>Read more

https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/585248

570万トンの食品ロス削減・産地偽装を防止…農産物の生産・流通情報を一元管理へ : 政治 : ニュース

政府は、情報通信技術(ICT)を活用し、農産物の生産から流通・販売までの情報を一元管理する新たなシステムを整備する。情報の「見える化」で品質の確保を図るとともに、全国の子ども食堂と連携するなどして食品ロスの削減につなげ

>>Read more

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220506-OYT1T50153/

福島県食品ロス7万600トン 19年度推計、30年度に14%削減計画

県は、県内で本来食べられるにもかかわらず廃棄された食べ物「食品ロス」の2019年度の発生量を7万600トンとする推計値をまとめた。県民1人1日当たりに換算すると104.7グラムで、事業系の36.2グラムとともに全国平均を下回った。一方、家庭から出る量は68.5グラムで、全国平均(56.9グラム)を上回り、家庭での対策が課題として浮かび上がった。 こうした状況を踏まえ、県は本年度「食品ロス削減推

>>Read more

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20220507-702232.php

これ以上は記事がありません

読み込むページがありません